iTermを利用していて「Treat ambiguous-width characters as double width」をONにしているとTmux+Powerlineのステータスがズレてしまう問題がありました。 チェックをOFFにしていると問題がないのですが日本語を多様していることもありググってみました。

  • http://ta.ps.st/d/1350718711.html

こちらは少し古いのですがこれで解消が出来ました。

Tmux1.9に対してのpatch形式にしたのをgistにあげておきます。

さて、tmuxはhomebrewで導入しているのでこちらから修正して導入できるようにしておきます。brewコマンドはsourceからのコンパイルする際にpatchなどの適応ができるので追記してみます。

1
$ brew edit tmux

これで以下のように修正します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
23   depends_on 'pkg-config' => :build
24   depends_on 'libevent'
25
26   def patches
27     [
28         "https://gist.githubusercontent.com/tokida/997cf6b608d93ccbefef/raw/63219743ec84b255a975f230593895dbdad9f364/tmux_utf8.patch"
29     ]
30   end
31
32   def install
33     system "sh", "autogen.sh" if build.head?

先ほどのパッチを指定しておきます。

1
brew install --build-from-source tmux

上記のコマンドオプションを実行することによりsourceからリビルドされます。 最近これでズレまくって嫌になっていたのですがまたtmuxに戻って見たいと思います。